コードグロー 卸売 ー品販売 V1

コードグロー (V1)

1995円 コードグロー (V1) 自動車用品 自動車純正部品 マツダ純正 1995円 コードグロー (V1) 自動車用品 自動車純正部品 マツダ純正 コードグロー ー品販売 V1 /Embiidae1399321.html,zde.com.lb,自動車用品 , 自動車純正部品 , マツダ純正,1995円,(V1),コードグロー コードグロー ー品販売 V1 /Embiidae1399321.html,zde.com.lb,自動車用品 , 自動車純正部品 , マツダ純正,1995円,(V1),コードグロー

1995円

コードグロー (V1)

コードグロー (V1)

午後5時の時報を、「藤音頭」に♪

山鹿市役所のサイトに、
「時報音源の変更について」とのお知らせが掲載されました。

その記事には

坂東玉三郎八千代座公演30周年に当たり、
市を挙げて30周年をお祝いするとともに
玉三郎さんのこれまでの功績に対して
感謝の意を表するため、
午後5時の時報を、「赤とんぼ」から「藤音頭」に変更します

とありました。

この文章を読んで、胸がジーンとなってしまいました。
玉三郎さんへのこれまでの30年の功績への感謝の意を込めて
山鹿市内全域に「藤音頭」が流れるんですね。
あぁ…感動。想像するだけで鳥肌が。
午後5時に、感謝を込めて拝聴いたします♪

八千代座のお隣の文化交流施設では、
玉三郎さんの衣裳展が。こちらも楽しみです。


パネフリバンドS 単色 幅33mm 長さ200m
1軸アクチュエータ SE4505C(A2)
樹脂サンプルプレート ABS・ナチュラル
ストレッチノータックカーゴパンツ 83302
精密レギュレータ IRシリーズ
ツータック スラックス 31371 V1 静電気防止と環境負荷低減の基準をクリア コードグロー 働く人と環境にやさしいユニフォームです 1495円
(8558)ブラケット,ワイヤリング,NO.8
コードグロー 279円 V1 大きな書類もしっかりホールド マグネットバー強力タイプ
(Y8510)モジユール アツセンブリー,エアバツグ ドライバー
1845円 コードグロー ガード. ライト フロント 08413 マッド V1
プレストNEOギヤモータ(三相200V・屋内形) フランジ取付
ホース口吸気管 コードグロー 直結型真空ポンプ用 V1 1995円
マグネバー
65076円 V1 コードグロー 1軸アクチュエータ ピン用穴有 E6 カバー付 SE4510D
半袖シャツ 6686
コードグロー 両面テープで簡単に取り付けができるクッション材です ラバーシール 274円 V1

熱海産のシチリア料理

「人間国宝スペシャルトーク」で熱海に出かけた日は、
新幹線に乗らないで、車窓を眺めながらゆっくり行こう!と
東海道線に乗りました。

ところが、車内は、めちゃ混み。そっか、
ゴールデンウィークだったんだ(激しく後悔)。

座席の前に立って、本を読んでいたら
お母さんに抱っこされて座っていた
2歳くらいの可愛い女の子と目が合いました。
ジーっと、つぶらな瞳で見つめられたら
何かやらなくちゃ、と思っちゃって、
目を全開にして、また小さくして、目で「ガチョーン~」。
でも女の子は、反応せずに、ジーッ。
ならこれはどうだ、と、アロ~ハ~♪の手にして振ってみたり
指を、ハートの形にしてみたり。
それでも、笑ってくれません。
そうだよ、彼女は、べつに何も求めてないんだよ(笑)。
また本を読み出しました。でもチラッと見たら、
まだ、ジーっと、こちらを見ているではあ~りませんか。
もう降参。子供の目って、なんでこんなに澄みきっていて
濁りがなくて、心洗われるのでしょうか。
車窓よりも、美しい眺めでありました。
お母さんが降りぎわに、「どうもありがとうございました」と、
おっしゃって、会釈をされたので
「あ~ら、見ってたぁのね~」と(汗)。

しばらくしたら、「次は、真鶴~」とアナウンスが。
わぁ、玉さんの真鶴だ~、真鶴に止まるんだぁ~!と大興奮(笑)。
目を全開にして、窓の外に広がる海を眺めました。
20年程前に、真鶴にある「中川一政美術館」を訪れたことがありました。
真鶴をとても気に入った中川一政さんはこの地にこだわってアトリエを持ち
生涯、真鶴を拠点に創作活動を続けられたそうです。
私もあの時、真鶴の海、山の美しい自然ときれいな空気にふれて、
この地だからこそ、数々の素晴らしい作品が生まれたのだなと思いました。
真鶴で降りたいなぁ、でも時間はないしな…。
すると電車は発車してしまいいました。
真鶴~っ!(心の叫び)
東海道線にして、良かったわぁ!

熱海に到着して、お昼ご飯はシチリア料理をいただきました。
シチリア島の名店で修業をされたというシェフが
熱海の地物のお魚やお野菜を使って腕をふるっている
「LEONE 9 (レオーネ ノーヴェ)」というお店へ。
カウンター越しに、厨房から魚介のすごくいい匂いが漂ってきて
これは、うまいにちがいない!

土日限定のパスタランチを注文しました。

グリーンピースのスープ
まろやか~で、クリーミー。新緑を、味わい尽くしました。

まん真ん中で、熱海産の炙った桜鯛が泳いでました。

10種盛りの前菜
どれも丁寧に作ってあって、ぜんぶ、うまし。
新鮮な素材のおいしさが、繊細に、口の中に広がりました。


☆沼津産のめじまぐろ☆小田原産の海老とふきのとうの南蛮漬け
☆イカ墨のライスコロッケ☆徳島産のトマトとブラッターチーズ
☆ブロッコリーとアンチョビ☆カポナータ☆ポークパテのはさんであるパンと生ハム
☆インゲン豆のオムレツなど

生うにのクリームパスタ
おいしくて、とろけっちゃいました。
うにフェチとしては、泣ける旨味。


「ぜんぶ、美味しかったです。ごちそうさまでした!」と
シェフに、伝えずにはいられませんでした。
店内は満席で賑わっていました。人気のお店なんですね。

玉三郎さんの舞踊公演や「人間国宝スペシャルトーク」で
熱海MOA美術館能楽堂にお出かけする日には、
ぜひとも、また行きたいです。

祝!京丹後特別舞踊公演

しばらく延期になっておりました
玉三郎さんの京丹後特別舞踊公演が
本日、開幕になります。
誠におめでとうございます

京丹後の山々の新緑も、天橋立も、きらめく海も
全力で、この日を祝福していることと思います。

「口上」では、
京丹後縮緬の衣裳を披露してくださる
とのお知らせがございました。
お着物の製作に携われた方々や、
京丹後の皆さんにとっても、喜びひとしおですね。

そしてそして、

1日に宮崎県立芸術劇場で開催されました
「Oh!My!クラシック」 
ときめきは海を越えて ~人間国宝 玉三郎の音楽世界

では、玉三郎さんの音楽談義のみならず、
なななんと歌唱が披露されました♪

歌われたのはこちらの4曲です。

☆「人生は歌だけ」
☆「センド・イン・ザ・クラウン」
☆「ラストダンスは私に」
☆「水に流して」

宮崎県立芸術劇場さんが
音楽談義と、歌う玉三郎さんのお写真をアップしてくださっています。
https://twitter.com/miyazakikengeki

歌唱シーンを、ちょこっとお借りします。

「人間国宝スペシャルトーク」 @ 熱海MOA美術館能楽堂

29日に、熱海MOA美術館能楽堂にて開催されました
開館40周年記念 「人間国宝スペシャルトーク」へ行ってまいりました。

ご出演は、坂東玉三郎さんと、竹工芸作家の藤沼昇さん、
漆芸家の室瀬和美さん、染織家の土屋順紀さん。

能楽堂の中に入ると、舞台上に、椅子が4つ、並べられていました。
あ、今日は、皆さんでの対談で、司会の方はいらっしゃらないのだな、と..。

ところがところが
最初にMOA美術館の館長の内田 篤呉さんがご挨拶されて
その中で、「この記念のイベントは、玉三郎さんから
「開館40周年ですから何かやりませんか」とご提案いただき
そのおかげで、こうして、トークショーを開催することができました。
本当に感謝しております。そして、今日は、玉三郎さんに
司会進行をご担当いただきます」とおっしゃったのです。

えええ!私は、びっくりするやら、うれしいやら。
司会進行も、人間国宝の玉三郎さん。
なんと贅沢なトークショーでしょうか。

そして、いよいよ、橋掛かりから、4名様がご登場。
右から、玉三郎さん、藤沼さん、室瀬さん、土屋さんの順で
着席されました。皆さん、和装です。
玉三郎さんは、茶系と鼠系の濃淡の羽織袴をお召しでした。

玉三郎さんが、まず
「私は、舞台に立つ人間ですので、司会進行をやらせていただきます。
私がこちらの能楽堂で公演を始めてから約30年になります」とご挨拶されました。
一昨日まで、るんと姐さんだった玉三郎さんは、
涼しいお顔で、おだやかな微笑を浮かべながら、お話されていました。

私は、玉三郎さん以外のお三方を存じ上げなかったので
もしかすると、ザ・重鎮!って感じの方々で重厚なお話になるのかな…
もしくは、ザ・職人気質!の方々で、寡黙で静かな感じなのかな…
と勝手に想像していたのですが、玉三郎さんが江戸弁で
「あのさ、それって、先生が削るの?」とか、
「わからないんだけどさ、どれくらい時間がかかるの?」とか、実に
ざっくばらんな感じで、率直に、みんなの聞きたいことを聞いてくださるので
すごく場が和やかな空気になって、こちらの緊張も解けて、人間国宝の皆さんも
ユーモアを交えながら、人間味溢れるお話を聞かせてくださいました。

みなさんが、お答えになるたび、玉三郎さんが
うんうん(目をつぶって深くうなずく)、あ~はっは(上を向いて笑う)、
そうそう(相手の目をみてうなずく)、ふ~ん(初めて知った!まんまるの目)
あぁ~(口を大きく開いて納得する)、えっへっへ(恥ずかしそうに笑う)などなど
終始、真剣に、軽やかに、優しく、あいづちを打っていらっしゃいました。

話題は、多岐にわたり、

この道に入ったきっかけは?
(皆さんそれぞれのご経験と思いをお話しくださいました)
竹、漆、植物などの自然素材で工芸品を作ることの難しさについて
 (漆はひと塗りが0.02ミリなので、2ミリにするためには
 100回塗り重ねる、染織は、植物の色を掛け合わせて
 ひとつの色を作るが緑色が一番難しい。玉三郎さんが、
 自然の草花の緑はあんなに多彩なのに不思議ね、と。
 玉三郎さんが、白い甕を覗いたときに見える「甕のぞき」という色について
 浅葱でも青でもない色、と )
自然環境の悪化によって自然素材にも影響が甚大であること
 (酸性雨によって竹が昔のような柔らかさではなくなっている)
道具の作り手の方がいなくなっている
 (蒔絵の筆を作る人は、京都にたった一人だけ、
  その原料になっている鼠の毛も取れなくなっている。玉三郎さんが所持して
  いる松園さんの絵画の顔の線もその毛のようなとて繊細な描写であること)
工芸品を日常的に使ってもらうことが日本文化を継承する上で
 とても大事なこと。

 (着物を着たり、漆の器を日常的に手にして欲しい。漆はデリケートだと
 思われがちだが硫酸をかけても大丈夫。昔から漆のお重に入れる習慣は
 食べ物が腐りにくいから。漆器を使うことで、上手なメンテナンスを覚える。
 使わないとメンテナンスも覚えない。着物も一緒。日常で使うことにより
 心豊かな暮らしができる。漆の花器に生けたお花は長持ちすることを
 藤沼先生は体験して知った。先人の知恵を生活の中で生かすことが
 伝統であること。)
芸を伝えることが難しい時代になっている 
 (歌舞伎の世界では、昔は、通りすがりに先輩方が、声をかけてくれて
  もっと良くなるように、伝えるということを意識することなく
  いろいろと教えてくれた。玉三郎さんが、勘彌さんの口調で、
 「俺は、女形のことは教えられないよ。でも俺のかゆいところに
 手が届くようじゃないと女形になれないよ」とか「スッと飲み干した時に
 スッとお酌がくるようじゃなきゃいけねえ」と、おっしゃって
 「俺」とか、「いけねえ」、という玉三郎さんの口から出る言葉に
 ドキッと。花柳章太郎先生のお弟子さんにもいろんなことを
 教えていただいたそうです。「日本橋」のお孝さんの一石橋での
 衣裳を取り上げて、舞台で映える衣裳について)
技術を伝えたり、教わることも大事だが、先生の考え方や、ものを作る心を
  先生と共に過ごすことで、教わることが大事。人に会って、ふれあわなければ
  伝わらないことがある。
(門で見送る心について。玉三郎さんが、
  京都の画家の先生のお家を訪れた時の思い出について)

このほかにも書ききれないほど、
皆さんのご体験や思いをお聞かせくださいました。

人間国宝の皆さんに共通しているなぁと感じたのは、
道を究めるために何事も突き詰めて、精進を続けていらっしゃる方は
考え方がハッキリしているから、お話が、実に明快で
無駄なく、わかりやすく、スパッと心に届く、ということでした。
グイグイとお話にひきこまれていきました。

また、今に至るまでの道のりとして、
玉三郎さんが、この道を志したきっかけについて
深く、突っ込んで皆さんに聞いてくださったので
皆さんが、どんなことに触発されてこの道に入り、
またいろいろ悩んで、挫折して、でも、また奮起して、突き詰めて、
常に、自分の魂に向き合って、圧倒的な熱量をもって、鍛錬して
今に至っていらっしゃるかが、よく理解できました。
玉三郎さんがこの道に入ったきっかけについては、
もの心つかない頃から、音楽と色彩にひかれたから。
理由はない。音楽が揺らめいていた、と(美しい表現ですね)

今回、「人間国宝スペシャルトーク」というタイトルの
「人間国宝」という言葉をもっとかみ砕いて感じさせてくださり
生身の人間の、おひとりのおひとりの人生から、
その真の意味に触れさせていただく思いがいたしました。
学ぶことと、感じることがたくさんあって、実りの多い時間でした。
玉三郎さんとみなさまに、心から感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。

橋掛かりには、土屋さんの「紋紗」が3点。
一点ずつ、あの青はインド藍、えんじゅの蕾から染めた黄色、
唐紅は、西洋茜とインド藍をかけた色、などご説明くださいました。
玉三郎さんが、「いつか私も着たいです」と。見たい!見たい!

    

話は変わりますが…

玉三郎さんのコメントがアップされましたね。

でもって、第27回宮崎国際音楽祭 シリーズ「Oh!My!クラシック」 
ときめきは海を越えて ~人間国宝 玉三郎の音楽世界
の演奏家の方が発表になっていたのですが

なななんと!いつもおなじみの
ヴァイオリン:吉田篤貴、吉田篤
ヴィオラ:村松龍
チェロ:ロビン・デュプイ
ベース:西嶋徹
ピアノ:三枝伸太郎
とあります。
ってことは、もしや~♪♪
玉三郎さんの歌唱も、あるんですかね。
キャ~♪♪

千穐楽おめでとうございます。

四月大歌舞伎の千穐楽、
心よりお祝い申し上げます。

無事にフィナーレを迎えられて
本当に本当におめでとうございます。

今月は、玉三郎さんのお誕生日観劇も叶い、
おまけに自らの誕生日観劇もできて
春爛漫、夢爛漫、ほんに、うれしゅうございました。

玉三郎さんと仁左衛門さんの「ぢいさんばあさん」は、
何回観ても、涙が溢れるし、笑っちゃうしで、
とってもハッピーな気持ちになりました。
初々しい若夫婦が、37年の時を経て、再会するとき
お二人の佇まいや、ただ黙って見つめ合うときの表情など
存在そのものが光を纏っているような美しさで
今の玉三郎さんと仁左衛門さんだからこその
品格、輝き、豊かな情愛が感じられて
こんな風に年を重ねられるって凄い!と
るんと伊織を、玉さんとにざさんに重ねて拝見し
深い感動が押し寄せてくるのでした。

「お祭り」では、毎回、スカッと、涼やか。
粋な姐さんのいろんな振りがギュッと詰まっていて
狐コンコンにも、あっちっちのお銚子にも
扇子からにょろにょろ~っと首を出すところにも
萌え萌え箇所が多々あって、いちいち反応してしまいました。
終演後は、心が熱をおびて、自分の体温が
上がっているのを感じました。
(帰りに検温がなくてほんとに良かった。37℃超え必至)

夢のような時間を過ごせて、忘れられない春となりました。
玉三郎さん、仁左衛門さん、ご出演のみなさま、すべての皆さまに
感謝申し上げたいです。どうもありがとうございました。

明日は、熱海MOA美術館能楽堂で
「人間国宝スペシャルトーク」を拝見してまいります。
アーティストであり職人であり人間でいらっしゃる
国宝の皆さんのお話が、とても楽しみです。
所要時間は、だいたい90分とのことです。



お座敷で、お誕生会♪♪







ハッピーバースデイ~ディア~玉さん~♪牡丹が、次々に開花して、合唱しています。











今日は、歌舞伎座で、お誕生日のお祭りに、心の大向うをかけたいと思います。
大和屋っ!待ってましたぁ~!宇宙イチっ!

「舞台と玉三郎の魅力について」

5月22日は、福島県の白河文化交流館コミネスにて
「お話と素踊り」が開催されますが、そちらの「コミネス通信」という情報誌に、
「舞台と玉三郎の魅力について」というタイトルで、
玉三郎さんとお仕事をご一緒にされている音楽プロデューサーの中村聡武さんが、
素の玉三郎さんの魅力を綴っていらっしゃいます。

「車両のデッキに立って、扉が開くたびに入る初冬の外気に気持ち良さそうに
されていた」の記述に、その図を思い浮かべて、絵になるなぁ…うひ。
ほかにも、いいお話が。こちらにご紹介させていただきます。
(ちょっと文字色が薄いので読みにくいかもしれませんが)


玉三郎さんのメッセージ @ 札幌「お話と素踊り」

7月6日に札幌文化芸術劇場にて
「お話と素踊り」を開催されます
玉三郎さんのメッセージ映像です。

11月3日には、大阪府堺市の「フェニーチェ堺」にて
素踊り「雪」を踊られるとの情報も発表になっています。
http://www.meg-net.com/pdf/2204.pdf

全国各地で、玉三郎さんの「お話と素踊り」を拝見できる機会は
とてもとても貴重ですね。ありがたやぁ。

塩パン専門店

歌舞伎座の裏手路地には
おいしいお店がたくさんあるので
最近、やっと立ち寄れるようになって嬉しいです。

この間、散歩をしていたら
絶品スープの人気店「八五ラーメン」に
しばらく閉店との札が出ていました。
ええ~、大ショック。また食べたいなぁ。
飲食店もいろいろ大変そう…。

ちょっとブルーになって歩いていたら
新しいお店を見つけました。

愛媛県八幡浜市にある元祖塩パンのお店の
銀座店「塩パン屋 pain maison」です。



可愛いお店に入ってみると
ショーケースの中には
塩パン、えび塩パン、トリュフ塩パン、塩パンハムたまごサンド…などなど
いろんな種類の塩パンがずらりと並んでいました。
しかも塩パンは、ひゃひゃひゃく円。

私は、塩パンと、えび塩パンと、あんバター塩パンをゲットしました。
パリっと焼き上げてあって、中はしっとり、もっちり。
塩気もほどよく、えびの風味も、あんバターも素朴な美味しさで
何個でも食べられそうな軽い食感。とっても、うまし。
歌舞伎座で、またご飯が食べられるようになったら
塩パンを買っていくのもいいですね。
歌舞伎座のシャンパンと共に…早く再開しないかなぁ。

こちらのお店も、木挽町通りにあります。
この看板が目印です。


「塩パン屋 pain maison」のホームページはこちら。
https://shiopan-maison.com/#menu

焼き牡蠣、うまし。

15日の歌舞伎座は、幼馴染と一緒だったので
終演後は、牡蠣と穴子のお店「かきしゃぶ屋」にまいりました。

昨年、歌舞伎座の筋向い(木挽町通り・茜屋珈琲店お隣)に引っ越してきた
こちらのお店は、全国の名産地の新鮮な牡蠣を
生で、焼きで、蒸しで、フライで、いただけるので
貝フェチの私は、以前から、おなじみのお店でした。

『三重の的矢牡蠣』、『兵庫の赤穂牡蠣』、『長崎の九十九島牡蠣』など
ありましたが、今回、赤穂の焼き牡蠣が、めちゃくちゃ美味しくて
おかわり、おかわり、おかわり、しちゃいました。

美味しすぎるので、激写 赤穂の焼き牡蠣シスターズ。



肉眼では、もっとぷっくり厚みがあります。
焼くことで、凝縮されるのでしょうか
牡蠣の甘みやうまみがじゅわーっと口いっぱいに広がって、
とにかく、うまし。ふっくらと、温かい食感もグーなのです。

店内は、ほぼ歌舞伎座帰りのお客さんで
あちらから、「ぢいさんばあさんがね…」
そちらから「玉さんとにざさんがね…」とみんなの話題はひとつ。
すっかり心和んで、私たちも、「玉さんがね、ばあさんがね、姐さんがね…」と
お喋りしながら、焼き牡蠣と牡蠣フライと牡蠣のおかだ揚げと
穴子の白焼きと牡蠣ご飯の焼きおにぎりをいただきました。
あぁ、おいしかったぁ。ついつい食べ過ぎちゃいました。
「牡蠣に合う白ビール」なるものもあって、まろやかで美味でした。

11:30~22:00まで、昼夜通しでやっているので
お昼は、おいしい定食もいろいろ楽しめる
こちらのお店、おすすめでございまする。(まわしものと化す)

「かきしゃぶ屋」のホームページです。
https://kakisyabuya.com/
プロフィール

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク